読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹形型ゲームブック作りたい!(ツイッターより再掲載)

ゲームブックが「読者一人一人、それぞれの道筋の冒険(や物語)が、

その人だけの思い出になる」という初心を思い出し、

樹形型(一方通行型)のゲームブックを書きたくなってきた。

そりゃもう、モヤモヤと。

(以下ゲームブックをつくろうには書かれてない話なので

 気楽に読み流してください)

けど、僕は樹形型書くの苦手だ。双方向の方が楽なんだ。

なんでかっていうと、樹形型は読者は順番通り読むだけで済む話だけれど、

書き手にまわると、

同じ時間の出来事をたくさん書かないといけないからだ。

オックウなんだ。(このぐうたらめ)

そして、いろんなルートを書いても辻褄を合わせなくてはいけない。

あるルートから通ってきた読者にとっては

知らないはずの情報を書いてはいないか? とか、

「このアイテムを持っていれば」なんて書いた時に、

「おや別の道筋にこーゆーアイテムがあったんだな、取ってないけど、

 じゃあルート間違えたのか?」なんて、

読者に邪推されるような選択肢を作っていいモノなのか? 

とか、悩ましい!

双方向だと、(もちろん作りによるけど)読者がやろうと思えば、

全部の場所を総当たりしてくれるので、

ある意味読者に甘えることができるんだな。

(ん~これもプレイヤーへの負担か…)