読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FT書房より本届く

なーんかまたしばらくネット活動してなくてすまんこってす。

なんだろうね、バタバタしちゃってて。

 

それはさておき、しばらく前にFT書房さんから、

お~もりさんの「龍の山の神殿」が

復刊されたってんで、注文してみました。

うん、僕はやっぱり

ゲームブックは書籍の形態をしてないとな、って感じです。

 

ついでに、おなじくお~もりさんの「大真珠の探索」と

FT書房さんで売れ筋だという「盗賊剣士」も購入。

 

↓ちなみにこちらで買えます。

http://tandt.market.cx/shopping/

 

買うときの注意事項なんかは一番下の

特定商取引法に基づく表記」をクリックすれば見れるんですけど、

僕としてはこの辺がちょっと不親切に感じます。

もちろん「ショッピングバッグに入れる」から

指示通り必要事項記入してけば購入できるんですけど、

ここで「アレ? 銀行振り込みだけなんだ」とか初めてわかりますし、

もうちょっと分かりやすいところにデカデカと

買い方の説明書きを入れとけばいいのにな~と、毎度思います。

 

6月の末ごろに注文して届いたのは今日。

ま、遅くなるのは別にいーんです。

いろいろ忙しいでしょうし、

販売専門のスタッフさんがいるわけでもないでしょう。

でもなにやら、最初に料金が足りてないよというメールが来たり、

(その直後の12分後にフツーに確認しましたのメール来ました)

届いてみれば、料金が昔のレターパックライトに入れられてて、

料金が10円不足してますよと貼り付けられてたり。うをい。

(不足分の切手と粗品をFT書房さんが送ってくれるらしい)

郵便番号も最初盛大に間違えたらしく、

二重斜線で訂正されてた。

いくらなんでも不慣れすぎないかい、と、あんぐり。

レターパックも郵便局行って交換してこよーよ。

(今調べたんですが料金変わったのって2年前なのか……)

 

あ、なんかぶーぶー言っちゃいましたけど、

届いた本には満足しとります。

3冊とも分厚いッ! 重ねて持って角を使えば、

殺人事件の凶器になりそう。

 

特にびっくりなのは「大真珠の探索」

なにこの製本。プロ仕様!?

 

FTさんによる復刊の「龍の山の神殿」は

お~もりさんが最初に作った時のと、

製本方法とかレイアウトとか違うのかな?

一緒なのかな? その辺にちょっと興味が出てしまった。

「大真珠の探索」と比べると、なんか異質って感じ。

復刊本のイラストが、コンピューターから出力したよ

ってのがハッキリ見えちゃって、ちょっとのその辺が残念かな。

 

まぁ、しばらく積読になっちゃうんだけど、

あとでじっくりたのしもっと。